サラリーマン節税術

カスタム検索

トップページ
▼税還付の秘密「住民税も所得税も徴収されない人」になる前に
▼所得申告をして税の還付を受けるか、それとも無知で血税を払うか
▼控除や年末調整を理解し所得申告で血税還付のコツ!
▼控除や年末調整を勘違いしてる人はイイ鴨!所得申告だけで税還付
▼税還付の分れ道。それでもあなたは文句を言って払い続けますか?
▼住民税、所得税分が自分のものに!?
▼手取り年収UPまでの流れ!税還付の秘密の扉を開ける
▼たった10分で税還付の仲間入り!or早とちりで数十万の支払いに
▼起業の注意点!税還付の為の開業のコツ!
▼確定申告で税還付!税金キャッシュバックの方法を大公開!
▼確定申告書の書き方!税還付申告の無料サポート活用術とは?
▼副業は会社的に大丈夫か!?税還付の会社対策!
▼副業が会社にバレても大丈夫!税還付術中級編〜事前準備〜
▼税還付の為の事業選びのコツ!開業の注意点!
▼所得計算が簡単!確定申告で税還付お勧め事業選びのコツ!
▼確定申告の税務、簿記の面倒作業の裏技!
▼税務署は小物は眼中にない!確定申告、税務署の本音!
▼税の還付額(住民税+所得税)を実際に算出してみよう!
▼所得税を給与から徴収する(源泉徴収)は国の策略!
▼収入を増やしたければ副収入の考えを捨てろ!税還付申告のコツ
▼事業所得申告で税が還付される仕組みとは!?確定申告で還付!
▼所得申告の種類を変えて手取り年収倍増の秘密!損益通算とは
▼【損益通算】のルール!所得申告の種類と所得税還付までの流れ
▼損益通算できない所得と申告種類!税還付の最重要ポイント!!!
▼不動産経営で所得申告!サラリーマンでも不動産で税還付!の秘密
▼雑所得、事業所得の基準とは?税務署員も迷う所得申告の種類
▼勘違い申告で税還付を逃す人!事業所得申告の定義とは?
▼申告は税務署も困惑の判断基準?署員による税還付判断の具体例
▼所得申告後に税務署から呼び出されたら?【税還付の対処法】
▼確定申告や税の本は鵜呑み厳禁!税還付のコツとは?

サラリーマン節税術>▼所得税を給与から徴収する(源泉徴収)は国の策略!





  このサイトを読んでいるということは皆さんは自分で 納税していないと思います。 おそらく納税作業は全て会社がやってくれているでしょう。 毎月、お給料から天引きして、年末にちょこっと調整をする といった感じで。

  「税金の面倒な作業をやらなくていいから楽だなー」 なんて思っていませんか? 会社は好きで皆さんの代わりに 納税の作業をしている わけではありませんよ。

国から法律という 無敵の武器を片手に
「君達(会社)が社員の分もやりなさい」 と命令しているのです。
「さもないと会社は潰しますよ」 とつぶやきながら・・・。

  だから会社は利益を産まない作業をタダでやっているんです。
時間を掛けてコツコツと。

国はこの法律という名の完璧な網で私たちを一網打尽にするわけです。
このおかげで、サラリーマンやOLは働き始めてから定年退職するまで、
ずーっと納税に関して頭を使うことはありません。

  これなら「なぜ汗水かいて稼いだ自分のお金をこんなにたくさん払うんだ」
という不満は薄れていきます。
これが国が作り上げた完璧な徴収システムとういわけです。

  前回の項目で紹介した 納税額の例からもわかるように、 実際に自分で納税作業をしていれば、 本来なら非常につらいと感じるものです。 だから事業主はみんな税金対策するんです。 しないととんでもない額の税金を持っていかれますからね。













独立に興味がある方は、こちらがオススメです!
厳選されたサイトなので、情報も細かくてわかりやすかったです。
資格留学で転職・就職・キャリアアップ!収入も大幅アップ!
安定で高収入の就職や転職ならココ!あなたにあった資格が必ず見つかる!独立開業のための資格やサポートも!




≪平成19年以降の所得税+住民税(独身者の例)≫
あなたが独身の場合、
年収300万円→約19万円

年収500万円→約42万円

年収700万円→約78万円

年収1000万円→約152万円



夫婦で2人の子持ちであれば、
年収300万円→約1万円

年収500万円→約20万円

年収700万円→約46万円

年収1000万円→約113万円

これだけ国に収める事になります。
これでもあなたは税金を払いたいですか?

私は国が「赤字の人には還付する」
というので赤字の人だと 申告したまでです。

その「赤字の人」のなり方を
紹介しているのがこのサイトというわけです。





<▼税の還付額(住民税+所得税)を実際に算出してみよう! ▼収入を増やしたければ副収入の考えを捨てろ!税還付申告のコツ>

サラリーマン節税術

▼ずっと収入が発生しない事業所得申告を税務署はどう判断する?
▼お得な控除!申告方法変更で特典が?【青色申告】で税還付!
▼控除や申告方法が違う【青色申告】【白色申告】の違いとは?
▼開業、申告から税還付までの流れを実践シュミレーション
▼個人事業届けを出せば必要経費が認められる!税還付術!
▼Yさんの所得申告は税務署に認められたのか??税還付完了!
▼認められる必要経費とは?確定申告で税還付術の秘密
▼話題のサラリーマン法人化で所得税や給与、控除申告はどうなる?
▼サラリーマン法人化の実態!最前線調査レポート!手取り年収減?
▼控除や申告方法が違う!サラリーマン法人化した方が得な人とは?
▼所得の種類と詳細!税還付の肝!どの所得申告で税還付を受ける?
▼所得の種類と詳細!どの所得申告で税金を納める?税還付術の基礎
▼所得申告はサラリーマンだけじゃない!企業も裏で密かに税金対策
▼控除申告の種類!控除を覚えて年末調整、所得申告でしっかり節税
▼控除申告の種類!年末調整にも役立つ配偶者控除、扶養控除など
▼控除申告!年末調整でよく見る【生命保険料控除】とは!?
▼年末調整頻出の控除!【配偶者・扶養控除申告】の注意点!!
▼配偶者・扶養家族の控除額、条件、具体例!控除申告の詳細
▼同居でない家族の控除申告はどうなる?税還付応用編!
▼家族が扶養に入る条件とは!?【配偶者控除】を受ける方法
▼奥様必見!パートは家計に赤字?家族が扶養に入る控除申告のコツ
▼知らなきゃ損する控除申告!基礎控除・地震保険料控除!税還付術
▼控除申告の盲点!医療費控除は年末調整対象外!勘違いで大損!?
▼扶養家族!103万130万の壁とは?パートで損しない控除申告のコツ
▼控除と年末調整の盲点!こんな場合は控除申告で税還付OK!
▼給与所得控除申告?税の裏側を暴露!サラリーマンは経費で大損!
▼給与所得控除、所得申告前に税の計算方法&具体例!税還付まとめ
▼給与から所得税の計算をしてみよう!控除申告&税還付総仕上げ!

その他

リンク募集中